*

初心者向けボイトレ上達ガイド!~本やyoutubeの動画は効果あり?

ここから、数ページにわたって、初心者がどうやれば正しい発声を身につけられるのか、ざっとご説明いたします。

これからボイトレを始めようという方が、どういう練習法が合って、自分にはどの方法があっているのかを判断していただく参考になれば幸いです!

まずは、本やyoutubeの動画を参考にして自分なりにボイトレをするという方法について。

独学でボイトレをして、余計に下手になることもある?

最近、書籍や情報が増えてきているのでやりやすくなっているのは事実ですね。独学でやろうという方も増えてきたように思います。という私もそういう一人でした。

でも、下記のような失敗がありがちなので、個人的にはオススメできません。

  • 自分に合わないエクササイズに偏ってしまい、発声が悪くなる
  • そもそもエクササイズ自体を間違ってやってしまっている
  • 自分が正しい練習をしているのか不安で、結局やらなくなる

野球やサッカーなど、動きが目に見えるスポーツは自分でも動きのチェックが可能です。でも、声帯は目に見えないので、自力で正しいエクササイズをするのは至難の業です。

たとえば、リップロールという有名な練習がありますが、この練習は正しく行っていれば喉を壊すことなどほとんどありません。でも、間違ったリップロールを続けていて、息漏れが激しい発声になってしまい、喉を壊す方がいらっしゃいます。当然、これでは音域は広がりません。

このように、単純な練習でも自力でボイトレをすると間違ってしまいがちなんです。

さらに、本の通りにできていても意外な罠が。

嘘を教えているボイトレ教本が多いという現実

a1640_000189未だに、「カラオケ上達法」などと称して、割り箸を奥歯に挟んで歌うとか、お腹に力を入れるとか、腹筋を鍛えるとか、全く発声がよくなることのない練習法があたかも本当の事のように書かれている書籍を頻繁に見かけます。

ここまで酷くなくても、発声に関する用語も本によって使い方が違ったりして、混乱することが多いと思います。例えば、「ヘッドボイス」「ファルセット」などの用語は、本によって意味が違う事が多々あるので、読めば読むほど混乱したりすることも。

ボイトレ初心者の頃は何が本当なのかわかりません。なので、間違った練習を長期間続けてしまうケースが大変多いです。私自身、書籍だけでボイトレをはじめて、2年間も間違った練習を繰り返していました。その発声を正しく戻すのに1年近くかかりました。

こういうことを考えると、やはりスクールに通うのは最高です。

目の前で先生が発声を耳で確認して、すぐさま正してくれますし、あなたに合ったトレーニングをビシッと選んでくれるからです。

しかし、それでも注意点はあります。

それは…


次のページへ進む


投稿日:

Copyright© ボイトレナビ , 2017 AllRights Reserved.