*

間違ったボイトレにご用心

高い声は裏声で息を増やすと良いの?

投稿日:2011年5月2日 更新日:

間違ったアドバイス3つめは「高い声を出すには”裏声”で、もっと息を増やして!」というもの。

ボイトレの先生の仕事は逆にこれをやめさせることのハズなんですが、今でも、大まじめにこんなことを教えている先生がいて、特に個人教室ではちらほら見かけますね。

息を増やした高音は”ファルセット”と呼ばれています。これは、声帯にわざとスキマを作って、そこに大量の空気を送り込み、声帯の端の部分だけを激しく震わせる発声法です。声量が劣り、声質も弱い物になります。もしこの方法で無理に大きな強い声を作って長時間歌い続けると、喉を壊しやすく、やり方によってはポリープが出来たり、長期的なダメージを受けます。

間違っても、裏声で息を増やしたりしてはいけません!

「ヘッドボイス」や「ミドルボイス」で高音を発声し、高い声になればなるほど息の量が減るのが正しい発声法です。

高くなるほど息の量を減らすには?

トレーニングすることで、声帯が閉じる力を強くすることが必要です。

高音までしっかり声帯が閉じた状態を保つことで、チェストボイス~ヘッドボイスがつながった状態で自由に行き来することができるようになります。

ただし、呼吸法・共鳴させ方など、数多くの要素が関係しますから、1つずつ基礎練習から積み重ねることが大切です。

本当に信頼出来るボイストレーニングの教室に通うか、体系的に実践できるボイトレの教材を使ったほうが良いでしょう!当サイトでも、おすすめの教材を紹介していますので是非参考にして下さい。

db

スクールで徹底指導

db-mantoman

db-school

>スクールに通うならコチラ

ボイトレ教材で自宅で練習

db-jitakule

db-kyozai

>教材で自宅で学ぶならコチラ

こちらの記事もお読みください

-間違ったボイトレにご用心

Copyright© ボイトレナビ , 2018 AllRights Reserved.