*

やさしいボイトレ用語解説

喚声点とは

投稿日:2011年5月24日 更新日:

定義:
「各声区間の境目のこと。オペラ用語ではパッサージオという」

地声と裏声では出し方が変わると思いますが、その出し方が変わるポイントのことを喚声点といいます。

トレーニングを積んでいない人は喚声点は一つしか感じられないと思いますが、ボイトレをしていると2つ、3つと多くの喚声点を感じられるようになり、それにしたがって声域が飛躍的に広がります。

ちなみに、喚声点が分からないようにすることを「ブリッジング(ブリッジ)」と言います。

喚声点をなくして広い声域を自由に歌うには

特に最近の歌は非常に音域が広いものが多く、最初の喚声点がうまく超えられないと、全く歌が歌えないに近い状態になります。

高い声になるとミッキーマウスのような声になる、志村けんのような声になる、息が漏れまくって気持ち悪い声になる・・・。全て、喚声点をうまく超えられてない(ブリッジングできていない)証拠です。

誰でもボイトレをすれば、上手に高音までつなげて歌えるようになりますが、身に付けるべきなのはおおまかに下記になります。

  • 適切な息の量を保つ
    リップロール、タントリル、"ha"エクササイズ等
  • 声帯の閉じる力(コードクロージャー)を保つ
    "goog" "ma" "nay" "pa"エクササイズ等

何れにしても、自己流やYOUTUBEなどを参考にしても限界がありますので、体系的なボイトレ教材を利用されることをおすすめいたします。

おすすめの教材は当サイトでも紹介していますので参考にしてください。

db

スクールで徹底指導

db-mantoman

db-school

>スクールに通うならコチラ

ボイトレ教材で自宅で練習

db-jitakule

db-kyozai

>教材で自宅で学ぶならコチラ

-やさしいボイトレ用語解説

Copyright© ボイトレナビ , 2018 AllRights Reserved.