*

お悩み解決Q&A

声量を増やすにはどうしたら良いですか?

投稿日:2011年5月20日 更新日:

おもいっきり力を入れたら大きな声が出ると思っている人が多いですが、それは間違いです。
お祭で力いっぱい叫んで声がガラガラになる人もいますが、ああいう声って本人が思っている以上に小さいですよね。(^_^;)

ではどうすれば大きい声が出るのでしょうか?

それは、

  1. 正しい声帯の使い方をして
  2. 共鳴を利用すること

の2点をしっかり実践することです。

サックスを例にとって説明すると・・・

サックスの音の出る仕組みですが、下唇と歯を使い、適切な力でリード(震えて音が出るところ)を噛んで押さえつけます。その状態で息を吹くと凄く大きな音が出ます。頑張らなくても共鳴して、ものすごく大きな音になります。

サックスと人間の発声はかなり似ています。声帯に適切な力を入れ、正しい形で空気を吹き込むなら、頑張らなくても自然に共鳴して大きな声が出るんです

一方、サックスでも音が小さくなってしまう事があります。リードの噛み方が弱いと、息が漏れすぎて全く音が出ません。逆にリードを強く噛みすぎると詰まった音になったり、下唇を使って噛んでいるので血が出たりします。また、ホーンを取り外して、マウスピース(吹くところ)だけにして音を鳴らしても、ものすごく情けない小さな音しか出ません。

人間の発声でも似たような理由で声は小さくなります。声帯は空気が漏れてはいけませんし、逆に力を入れすぎると詰まった声になって喉が痛くなります。また、上手く口や鼻で響かせなければ、弱々しい声になってしまいます。悪くするとポリープになったり血が出たりします。

まとめ:声量を増やすために必要なこと

サックスと比べて説明してみましたが、要点としては、次の2点が大事ということです。

  • 効率よく声帯が振動できていること(強すぎず、弱すぎない)
  • 振動が鼻・口・体全体でしっかり共鳴させられていること

上記2点が守られ、正しい発声ができていれば、どんな大きな声を出しても大して喉は痛くなりません。何時間声を出しても平気です。まずは第一歩として、上記の大切な2点をきっちり意識として覚えておいてください。

また、自力で身につけるのは難しいですので、優れたボイトレスクールに通うか、よくできた体系的な教材を使われることをオススメします。当サイトでもおすすめのボイトレ教材をご紹介していますので、是非試してみて下さい。

db

スクールで徹底指導

db-mantoman

db-school

>スクールに通うならコチラ

ボイトレ教材で自宅で練習

db-jitakule

db-kyozai

>教材で自宅で学ぶならコチラ

-お悩み解決Q&A

Copyright© ボイトレナビ , 2018 AllRights Reserved.